紙と布

北欧の布たち





フィンランドやスエーデンの製品を置いていますが、
北欧の色合いや配色が日本人に合うのか、人気の商品です。
ハンカチ、キッチンクロス、トートバッグ、エプロンなどをそろえています。

ハンカチは色が豊富でかなり派手なのに年配の方にも人気があり、
石山染交さんと同じ値段なのに、やはり色が豊富な方が安く感じるのでしょうか、
興味の示し方が違っています。

キッチンクロスは本来お皿などを拭くのに使うのですが、
皆さん「そんなことに使うのはもったいない」とおっしゃり、
タペストリーとして使ったりするようです。

柄はトートバッグの左から3番目が人気で、
バッグもエプロンも生地も、みんなこの柄が売れています。
かなりハッキリした柄で目立つのか、
通りがかりの外人さんが入り口の脇に飾ってあるこのバッグを見かけ
入ってくるなりいきなり買っていきました。

売れる柄と売れない柄の違いはなんでしょうか?
早く見極めなければと思う今日この頃です。

コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

プロフィール

最後に更新した日:2018/11/05

新着記事

カテゴリー別

記事一覧

新着コメント

  • 乙女心をくすぐるテープと紙
    紙と布
  • 乙女心をくすぐるテープと紙
    はち

リンク

ブログ内検索

関連書籍

管理情報

powered by ultra-graphix