紙と布

印傳のような紙のブックカバー

本来、印傳とは、なめした鹿革などに漆で模様を描いた、
江戸時代から愛用されている工芸品のようですが、
その風合いを紙で表現したのがこの商品です。

その印傳の艶や立体的な手触りを特殊な印刷技術でうまく表現し、
吉祥文様などをシンプルにまとめ上げているので、
なかなか感じの良いブックカバーになっています。

今回は吉祥文様の文庫判とフリーサイズだけを仕入れたのですが、
値段も手頃なので、手に取って興味を示される方も多く
並べ始めてすぐに売れるなど、期待できる商品です。



plus Orange http://www.plus-orange.com/

関連する記事
コメント
コメントする








   

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

プロフィール

最後に更新した日:2018/11/26

新着記事

カテゴリー別

記事一覧

新着コメント

  • 乙女心をくすぐるテープと紙
    紙と布
  • 乙女心をくすぐるテープと紙
    はち

リンク

ブログ内検索

関連書籍

管理情報

powered by ultra-graphix